読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島暮らし-与論島 霜月-

ヨロン島。 海のアオが、本当に美しい島だった。 誰が作ったのか分からないけど、ヨロンブルーという言葉の意味が分かった気がしたよ。

変わっていく心と身体 -Yoga&Ayurveda Life in Kaua'i-

カウアイ島の大自然の中で、YogaとAyurvedaを学んだ1ヶ月。 この1ヶ月は私の人生の中でも大きな転換期となった。

言葉と、それを超えていく。

2ヶ月間英語圏で暮らしてみて、私は日本語が大好きだなぁと感じた。 正確に言うと言葉を紡ぐことが好きで、自分の言葉を生み出すことができるのが日本語だから、日本語が好きなんだけど。

バスで芽生えた友情

ケロウナ生活で欠かすことのできないもの。 そのひとつが、バス。 本数少ないし、時間が正確じゃないからって不満を言っている人もいるし、 確かに住み続けるとなると車がないとかなり不便なのだろうと思う。 だけど、素敵な出会いに恵まれて、私はケロウナ…

日曜日、犬とあそぶ。

ホームステイ先に、わんちゃんが居ます。 シーズーとハバニーズのハーフの女の子。 すごく人懐っこくて、元気すぎるくらいに活発。名前は"Rola"。 気持ちのいい風が吹く日曜日、一緒にDog Parkへ行った。

女に生まれたから

英語の勉強と同時進行でしているのが、 ヨガ哲学とアーユルヴェーダの勉強。 女としての自分の心と体のことは、何よりも興味深いことかもしれない。

ひとりピクニック

何の予定も入れずに、ひとり気の向くまま。

もっと何もない場所へ行きたい

自然と都会の融合が魅力のケロウナ。 1ヶ月ほど滞在したところで、自分にとってケロウナが都会すぎることを、 私は知ってしまったようだ。

"わたしの"言葉

YOGA その"本質"そのものは、どこでやっても、どの言葉で語られても、変わらない。 ケロウナでヨガのスタジオへ通ってみて、それを実感することが出来た。 表現方法が異なるだけ。 …そう思う一方で、先生の教えを深く理解し更に伝えていくためには、言葉の壁…

国の文化と、その人自身と。

海外へ行くことが好きな人・海外に興味がある人は、多かれ少なかれ「他国に触れることが好き」という気持ちがあると思う。 ケロウナに来ている人たちも、やっぱりそうで。 私自身も、やっぱりそうで。 "ただの日常"がやっぱり面白かったりした。 …つい、この…

厳しく優しい山の洗礼

かつてKettle Valley Railway(ケトルバレー鉄道)が走っていたというMyra Canyon(マイラキャニオン)でのサイクリング。 ケロウナの夏、人気のアクティビティのひとつ。 まさかそこで真冬の寒さを味わうとは、思いも寄らなかった。 ハプニングは忘れられない思…

I miss...

早くもケロウナ生活も3週間が過ぎようとしている。 2ヶ月なんてあっという間だろうと思っていたから、大して驚きもしないけれど。 日本を、家を、家族を、友達を、恋しく想う感情ってほとんどなくて 「ちょっと薄情かしら?」なんて思ったりしていたところだ…

26歳、学生に戻る

久しぶりの学校。 これまでの人生で通った小中高大学とは違うから正確には"戻った"わけではないけれど、studentであるということそれ自体に"戻った"という感覚が宿った。

"知らない人"がいない街

ケロウナの人ってみんなフレンドリー。 誰かとすれ違うことが、それだけで楽しい。

おんなじ意識と、異なる感覚

語学学校では、英語の勉強はもちろんのこと、色々な社会問題や文化についてみんなで議論することもあります。 国によって異なる価値観・考え方に触れることはやはり興味深い。 "当たり前"だと思い込んでいることにすら気付いていないことって沢山ある。 概念…

ナチュラルではない動物たち

「Kangaroo Creek Farm」へ行ってきた。 その名の通り、カンガルーのいる場所。 カンガルーだけでなく、ヤギ・カピバラ・モモンガ・ブタ・ヘビ・ラマ・鳥たちに会える。 動物に癒しを求めて触れ合いたがるのは、万国共通の人間心理。 人間によって創られたこ…

山と湖の街

ケロウナは山に囲まれている。 そして、縦長に大きく広がるオカナガン湖が有名だ。 山と湖の街で、どちらも楽しむ週末が定番になりそう。

カナダ2ヶ月、ハワイ1ヶ月

ブログでのご報告が遅くなりましたが、7/10からカナダのケロウナという場所へ来ています✈︎ 2ヶ月カナダに滞在してから、1ヶ月ハワイのカウアイ島で過ごす。 どちらも留学。 3ヶ月だけ!?と言われることも多いけれど、それには理由があります。 "留学" 言葉の…

熊本災害ボランティア-Part4 ボランティアのこと-

5/18〜5/25まで熊本県へ災害ボランティアへ行ってきました。 そこで、見て・聞いて・感じたことを書き起こします。 "ボランティア"ってどんなイメージがありますか? "ボランティア"って何だと思いますか? "ボランティア"するときに大切なことって何だと思…

熊本災害ボランティア-Part3 ペットのこと-

5/18〜5/25まで熊本県へ災害ボランティアへ行ってきました。 そこで、見て・聞いて・感じたことを書き起こします。 ペットを飼っている方、ペットの避難について考えたことありますか? 飼っていない方にも是非読んでもらいたいです。

熊本災害ボランティア-Part2 災害に備える-

5/18〜5/25まで熊本県へ災害ボランティアへ行ってきました。 そこで、見て・聞いて・感じたことを書き起こします。 もし、今住んでいるところで災害が起こったら…? あなたは大丈夫ですか?

熊本災害ボランティア-Part1 概要-

5/18〜5/25まで熊本県へ災害ボランティアへ行ってきました。 そこで、見て・聞いて・感じたことを書き起こします。 熊本の状況ってどうだったの…? ボランティアの心構えって…? もしもの時のためにしておくべきことって…? 気になる方は是非ご一読ください。

島暮らし-隠岐の島 皐月- Day4

島根県の北部に浮かぶ隠岐の島。 この島でふたり暮らしをしている友達のところへ行ってきた。 幸せすぎた4日間の記録。

島暮らし-隠岐の島 皐月- Day3

島根県の北部に浮かぶ隠岐の島。 この島でふたり暮らしをしている友達のところへ行ってきた。 幸せすぎた4日間の記録。

島暮らし-隠岐の島 皐月- Day2

島根県の北部に浮かぶ隠岐の島。 この島でふたり暮らしをしている友達のところへ行ってきた。 幸せすぎた4日間の記録。

島暮らし-隠岐の島 皐月- Day1

島根県の北部に浮かぶ隠岐の島。 この島でふたり暮らしをしている友達のところへ行ってきた。 幸せすぎた4日間の記録。

うたび-鎌倉2016 2nd-Day2

翌日は自然と6時過ぎに目覚めて、ものすごくよい朝時間から始まった。

うたび-鎌倉2016 2nd-Day1

先月の【うたえなかったび-鎌倉2016 1st-】のリベンジで、ぷちうたびしてきました♬

うたび-金谷2016-【移動式ゲストハウス House Caravan出発前夜祭】

移動式ゲストハウスHouse Caravanの出発前夜祭に遊びに行って、うたを届けてきました(*´ω`*)

うたえなかったび -鎌倉2016 1st-

首都圏エリアで、一番好きな場所。 鎌倉湘南。 なんで好きかって、理由はとても単純で、『海に会えるから』。 だけど、噛めば噛むほどいい味が沁み出てくるこの街を、もっともっと好きになれる。なりたい‼︎ って、そう思って旅に出ることにしました。

うたび-倉敷2015-【紡tumugu × 五十嵐杏美コラボイベント】

岡山県倉敷市の美観地区の奥に、私の大好きなお店があります。 紡tumugu ただただ大好きだったお店は、この日、私にとって特別で大切なかけがえのない存在になりました。

うたび−北海道2015−

8月も終わりに近付いてきた頃、初めての北海道に行ってきた。

うたび-2015 夏- Day9

ついに東京へ帰る日。

うたび-2015 夏- Day8

最後の日。 帰るのは翌日だけど、歌うのは最後。

うたび-2015 夏- Day7

夜更かししちゃった翌日。 眠いなぁ〜って思いながらお布団でごろごろしてたけど、ふと見上げた窓から青空が微笑みかけてくれていた。

うたび-2015 夏- Day6

この日は、美観地区でのんびり過ごす日。 ということで、ちょっと番外編です*

うたび-2015 夏- Day5

旅も折り返し地点。 後半はのんびりゆったりするプランだから、路上ライブはもう7割方おしまい。

うたび-2015 夏- Day4

奈良で迎えた、気持ちの良い朝。

うたび-2015 夏- Day3

幸せな名古屋の夜から一夜明けて、夢うつつな状態のまま目覚めた。 …Oh nooooooo!!!!!!!!!!(´Д` ) 見事に寝坊。笑

うたび-2015 夏- Day2

【ゲストハウスときわ】のみなさんとバイバイして、いざ静岡へ‼︎

うたび-2015 夏- Day1

旅立ちの日。 家で最後の最後までバタバタ…私らしいスタートだったな。笑 予定より30分遅れて、10:30に新宿到着。 昔路上ライブをやっていたときに、素敵な出逢いに恵まれたこともあった思い出の地で、まずは歌いたくて。

美観地区で出逢う。最後。

どんな出逢いが待っているのかは、その地を訪れてみないと分からない。 事前の情報収集は、最低限だけにする。 本当は、なしでもいいくらい。 何もプランニングせず、自由に、そのときの気分で、心の赴くままに旅をする。 こんなにわくわくすることはない。

大原美術館のススメ。其の弐

大原美術館で展示されている作品の中でも、強く印象に残ったものたちを紹介します。

大原美術館のススメ。其の壱

大原美術館は、言わずと知れた倉敷の名所。 名画に出逢い、画家たちの人間味に触れた。

美観地区で出逢う。其の参

Episode3 -紡tumugu- 藍色の大きな布。 船の帆のような、この布に引き寄せられた昼下がり。 遊び心いっぱいの店内は、流し見するだけでは勿体無い。 お店の方と話していると、商品や店内のわくわくする秘密が次から次へと飛び出してくる。 笑顔のお喋りが、…

美観地区で出逢う。其の弐

Episode2 -有鄰庵- "経済的な豊かさを超える、心の豊かさを" この素晴らしいコンセプトの元で、ゲストハウスとカフェを営んでいる。 これを感じられることが、何よりも幸せなことではないだろうか。

美観地区で出逢う。其の壱

Episode 2 -GelGel- 旅先には、想像を超える出逢いがある。 これだから旅はやめられない。 今回、それを一番感じた場所。