旅-カナダ(ケロウナ)

言葉と、それを超えていく。

2ヶ月間英語圏で暮らしてみて、私は日本語が大好きだなぁと感じた。 正確に言うと言葉を紡ぐことが好きで、自分の言葉を生み出すことができるのが日本語だから、日本語が好きなんだけど。

バスで芽生えた友情

ケロウナ生活で欠かすことのできないもの。 そのひとつが、バス。 本数少ないし、時間が正確じゃないからって不満を言っている人もいるし、 確かに住み続けるとなると車がないとかなり不便なのだろうと思う。 だけど、素敵な出会いに恵まれて、私はケロウナ…

日曜日、犬とあそぶ。

ホームステイ先に、わんちゃんが居ます。 シーズーとハバニーズのハーフの女の子。 すごく人懐っこくて、元気すぎるくらいに活発。名前は"Rola"。 気持ちのいい風が吹く日曜日、一緒にDog Parkへ行った。

女に生まれたから

英語の勉強と同時進行でしているのが、 ヨガ哲学とアーユルヴェーダの勉強。 女としての自分の心と体のことは、何よりも興味深いことかもしれない。

ひとりピクニック

何の予定も入れずに、ひとり気の向くまま。

もっと何もない場所へ行きたい

自然と都会の融合が魅力のケロウナ。 1ヶ月ほど滞在したところで、自分にとってケロウナが都会すぎることを、 私は知ってしまったようだ。

"わたしの"言葉

YOGA その"本質"そのものは、どこでやっても、どの言葉で語られても、変わらない。 ケロウナでヨガのスタジオへ通ってみて、それを実感することが出来た。 表現方法が異なるだけ。 …そう思う一方で、先生の教えを深く理解し更に伝えていくためには、言葉の壁…

国の文化と、その人自身と。

海外へ行くことが好きな人・海外に興味がある人は、多かれ少なかれ「他国に触れることが好き」という気持ちがあると思う。 ケロウナに来ている人たちも、やっぱりそうで。 私自身も、やっぱりそうで。 "ただの日常"がやっぱり面白かったりした。 …つい、この…

厳しく優しい山の洗礼

かつてKettle Valley Railway(ケトルバレー鉄道)が走っていたというMyra Canyon(マイラキャニオン)でのサイクリング。 ケロウナの夏、人気のアクティビティのひとつ。 まさかそこで真冬の寒さを味わうとは、思いも寄らなかった。 ハプニングは忘れられない思…

I miss...

早くもケロウナ生活も3週間が過ぎようとしている。 2ヶ月なんてあっという間だろうと思っていたから、大して驚きもしないけれど。 日本を、家を、家族を、友達を、恋しく想う感情ってほとんどなくて 「ちょっと薄情かしら?」なんて思ったりしていたところだ…

26歳、学生に戻る

久しぶりの学校。 これまでの人生で通った小中高大学とは違うから正確には"戻った"わけではないけれど、studentであるということそれ自体に"戻った"という感覚が宿った。

"知らない人"がいない街

ケロウナの人ってみんなフレンドリー。 誰かとすれ違うことが、それだけで楽しい。

おんなじ意識と、異なる感覚

語学学校では、英語の勉強はもちろんのこと、色々な社会問題や文化についてみんなで議論することもあります。 国によって異なる価値観・考え方に触れることはやはり興味深い。 "当たり前"だと思い込んでいることにすら気付いていないことって沢山ある。 概念…

ナチュラルではない動物たち

「Kangaroo Creek Farm」へ行ってきた。 その名の通り、カンガルーのいる場所。 カンガルーだけでなく、ヤギ・カピバラ・モモンガ・ブタ・ヘビ・ラマ・鳥たちに会える。 動物に癒しを求めて触れ合いたがるのは、万国共通の人間心理。 人間によって創られたこ…

山と湖の街

ケロウナは山に囲まれている。 そして、縦長に大きく広がるオカナガン湖が有名だ。 山と湖の街で、どちらも楽しむ週末が定番になりそう。

カナダ2ヶ月、ハワイ1ヶ月

ブログでのご報告が遅くなりましたが、7/10からカナダのケロウナという場所へ来ています✈︎ 2ヶ月カナダに滞在してから、1ヶ月ハワイのカウアイ島で過ごす。 どちらも留学。 3ヶ月だけ!?と言われることも多いけれど、それには理由があります。 "留学" 言葉の…