島暮らし-隠岐の島 皐月- Day2

島根県の北部に浮かぶ隠岐の島。

この島でふたり暮らしをしている友達のところへ行ってきた。

幸せすぎた4日間の記録。

【2日目】

2日目の朝は、大雨の音に起こされた。

AM5:00。

 

なんだか雨の音が心地よくて、お布団の中でぼーっとする。

 

徐々になんとなーくみんなが起き出して、思い思いの時間を過ごす。

 

こういう時間がすごく好き。

 

気が付いたら雨も止んでいた。

 

 

朝食でお水が飲みたくて、「お水ちょうだーい」とお願いしたら、

「山の湧き水出てるところがあるから、水道よりそっちの方がいいんじゃない?」

とのこと。

…そりゃあもう!!!湧き水飲みたい!!!

 

てことで、車で連れて行ってもらった。

朝のドライブ。贅沢だ。

学校へ向かう小・中学生や、朝早くからお仕事を開始している方々と挨拶を交わしながら。幸せだ。

 

じゃーん!

突然ぽつりと蛇口が現れた。これが湧き水らしい。まじか…(o_o)すごくない?

 f:id:ammmi:20160604172209j:image

 

新鮮なお水を頂き元気モリモリになったので、友達たちのお仕事場=田んぼへ。

 

途中、野いちごを見つけてくれて興奮!!

そのまま頬張る。

美味しすぎるー(;_;)♡

f:id:ammmi:20160604112453j:image 

 

そして、

 

みんな自家菜園をしているんだけど、ものすごく立派なお野菜を作ってるの。

東京人がやるような"ベランダで鉢植え"って、何なんだろう?と思ってしまうほど、ちゃんとした畑。

初めての二十日大根と玉ねぎの収穫体験、楽しかったなぁ。

自分で育てたら、感動も一入なんだろうなと想像しながら。

こんな感じでピクルス作りのお手伝いしました。

半日もしたら、結構浸かって美味しくなったよ〜♡

家でもやろうかな(*´ω`*)?

f:id:ammmi:20160604113537j:image

 

再び外へ出て、、、

 

初めてこんな間近で見た。田植え機ってすごいのねぇ。そして、それを操る人も。

鮮やかな黄緑の苗が隅々まで綺麗に植わっていく光景、すごく美しかった。

水の管理とかも、すごーーーく繊細なんだろうな。

 

 

農業を見せてもらった後は、今日は友達Bのガイドで隠岐観光。

 

■さざえ丼

さざえ村 | 隠岐広域観光情報提供サイト E-OKI.NET

めちゃくちゃ美味しい!!さざえってこれかぁ〜って感動した♡

f:id:ammmi:20160604112800j:image

 

■杉巡り

これが圧巻だった。写真じゃ全然伝わらない…。

ご神木の纏う神聖で神秘的な空気感は、直接肌で感じる価値があると思う。

一瞬で心洗われる感覚。

 

大山杉

f:id:ammmi:20160604113107j:image

 

乳房杉(ちちすぎ)

f:id:ammmi:20160604113151j:image

f:id:ammmi:20160604113200j:image

 

かぶら杉

f:id:ammmi:20160604113519j:image

 

隠岐の島ものづくり学校

世田谷にあるものづくり学校の系列らしい。

隠岐の島ものづくり学校

 

 

f:id:ammmi:20160604112828j:image

f:id:ammmi:20160604113723j:image

小学校って自分の母校じゃなくても懐かしめるから面白いよね。

小学校、楽しくて大好きだったなぁ。

大人になってから、改めて当時の子ども心を思い出すと、落としてしまっていた大切なものを拾えるかもしれない。

f:id:ammmi:20160604113748j:image

音楽会でチキチキバンバンの木琴叩いたことを思い出す。

小さい時から、木の音が好きだった。

f:id:ammmi:20160604113859j:image

水木さんもいたよ〜!

f:id:ammmi:20160604113818j:image

 

 

そんなこんなで、2日目の観光終了…。

 

家に戻ったら、お仕事していた友達Aがわらびを採ってきてくれていた。

"わらび"っていうと、わらび餅を思い浮かべてしまうんだけど、こんなのなんだねぇ。

f:id:ammmi:20160604113530j:image

 

しっかりあく抜きしてから味付けするんだって。

あく抜き失敗すると苦いらしいけど、すごく美味しかった(*´ω`*)

 

 

夜は再びご近所さんたちとわいわい楽しんで、更けていく…。

 

 

夜更けに、灯台の光を見せてもらった。

 

星空と、灯台の光線。

 

寝転がってみんなで眺めていたことが、夢だったのではないか?と疑ってしまうほどに幻想的な世界だった。

 

あれは、どこだったのだろう?

車に乗って、山道を走った気がするけど。

耳心地いい音楽たちと共に流れていった時間と景色が、光の残像のように残っているけど。

思いがけずサプライズプレゼントを、ありがとう。

 

ドライブから始まり、ドライブで終わった隠岐2日目でした。