山と湖の街

ケロウナは山に囲まれている。

そして、縦長に大きく広がるオカナガン湖が有名だ。

 

山と湖の街で、どちらも楽しむ週末が定番になりそう。

 

 

「自然が大好き♡」という話をしていたら、学校の友達がハイキングに誘ってくれた。

山に行きたいと思っていたので、喜んで参加‼︎

 

今回私たちが行ったのは、Mt.Boucherie(ブーシュリー山)。

 

ケロウナは、オカナガン湖を挟んで東と西に別れています。

私のホームステイ先と学校は東側、Mt.Boucherieは西側。

と言っても、オカナガン湖に橋が掛かっているので、東と西の行き来は10分くらいで出来ちゃうんだけど。

 

朝10:30頃にダウンタウンのバスステーションを出発して、11:00頃からハイキング開始。

➡︎1時間ほどで山頂に到着。

➡︎お昼ご飯を食べて、思い思いの時間を過ごして下山。

➡︎下山+バスステーションまでで1時間半〜2時間弱くらいかな。

ダウンタウンに戻ったのが15:30前くらい。

時間を確認していなかったので定かではないけど、半日で行けちゃうゆるゆるハイキングでした。

 f:id:ammmi:20160726133659j:image

 

ケロウナはとても乾燥しているので山の中に木が少ない印象。

たくさん木が倒れているエリアも。山火事も多いらしいので、ちょっと怖いよね。

f:id:ammmi:20160726132405j:image

木が少ないせいなのか分からないけど、鳥の声が全然聴こえなかったのがちょっと残念。

でもその代わりに、優雅に飛ぶ蝶々や、カタカタと音を立てながら飛ぶ虫に出会った。

あの虫なんだったんだろう?

動きが素早くてカメラで捉えられなかったけど…気になる><

初めて会う虫、花、実。

そんなものたちがコロコロ転がっているのが楽しくて仕方なかった。

 

人間同様、多くの犬たちも山を楽しんでいた。

犬たちのおかげで、私たち人間も更に山を楽しめた。

f:id:ammmi:20160726142536j:image

 

あとは、この景色。

オカナガン湖とケロウナの街並み、そして真っ青な空とそれを彩る雲たち。

f:id:ammmi:20160726132552j:image

f:id:ammmi:20160726132745j:image

 

ケロウナの空はいつもアーティスティックでまるで絵みたいなんだけど、山頂から眺める空は格別。

f:id:ammmi:20160726132614j:image

f:id:ammmi:20160726132641j:image

f:id:ammmi:20160726132728j:image

 

この写真は、青と緑が1番美しかったポイント。

f:id:ammmi:20160726132830j:image

なかなかこんなに綺麗な緑が現れなかったんだけど、突如として目の前にこの景色が広がって息を呑みました。

 

 

ダウンタウンへ戻ってからはビーチへ☀︎

ビーチと言っても、海ではなくてオカナガン湖の。

City Parkという広い公園沿いにあるビーチが学校の子たちの定番。

f:id:ammmi:20160726133133j:image

f:id:ammmi:20160726133158j:image

 

イメージ的には、代々木公園の端っこにビーチがある感じかしら?

City Parkは、学校からも歩いて10〜15分ほどで行けちゃうので、放課後に遊んだりも。

Freeのビーチバレーコートでバレーすることが多いみたい。

f:id:ammmi:20160726132932j:image

 

久しぶりに水着を着て、初めての湖水浴。

…してみたけど、冷たーい寒ーい‼︎‼︎‼︎‼︎><ってなって、あまり入っていられませんでした。

 

結局、砂浜でゴロゴロ。

これが最高だったなぁ。

f:id:ammmi:20160726132954j:image

 

太陽の熱と風の冷気と、遠くで鳴る子どもたちのはしゃぎ声と波の音。

この融合がすごく心地よくて。

何もかもを忘れて、マインドがどこかへ行ってしまう感覚。

f:id:ammmi:20160726133043j:image

 

そうそう。

ケロウナの昼間はとても長い。

21時頃まで明るいから、18時なんてまだまだ"昼間"って感じ。

 

 

その感覚も相まって、時間を忘れてついつい砂浜ベッドに居眠ってしまった。

 

それでも、別に急いで帰る必要はない。

まだまだ夜に追われてなんていないのだから。

 

この"ゆとり"が私はとても大好きだ。

 

山と湖を楽しむ週末、ハマりそうです。